羽裏/HAURA ? 

羽裏とは江戸時代中期、幕府がたびたび贅沢禁止令を出して 派手な着物を着ることが出来なかった時代でした。 裕福だった旦那衆の間で羽織の裏。つまり「羽裏」に豪華な絵柄を忍ばせる事が 流行し、表地よりも裏地でお洒落を楽しむ「裏勝り」という言葉の基 羽裏や襦袢など見えない所にこそ趣向を凝らし贅を尽くすという風習がありました。 岡重が明治時代がから所蔵する約500点以上の羽裏柄はどれも、特徴的かつ粋なデザインに仕上がっており 所謂着物のような和柄ではなく、現代でも通じるモダンなデザインで仕上げられております。 またMAJIKAOという名前も、代表者の名前OKAJIMAを裏から読み、羽裏と精通させております。

羽織

MAJIKAO ?

京都で150年以上続く染め屋  岡重
現代まで継承されてきた技術と共に
受け継がれてきた羽裏画調。
その数は約500点以上にのぼります。
株式会社MAJIKAOは岡重のグループ会社として
2019年11月に発足。無数のデザインソースを岡重から
吸収し、それらの羽裏柄を基に雑貨・お土産・とは一味違った
付加価値の高い物作りを展開しております。

TECHNIQUE

岡重が持つ無数の協力工場に依頼をし、京都市内を中心に生地の染め物を行なっております。型友禅で染める物から現代の技術を取り入れた技法まで、一点に拘らず常に広い視野で見る事により新しい物が出来上がります。
写真は型友禅で染め上げられている、鯛尽くしです。



HAURA CAP

大正時代〜に羽織をファッションとして楽しんでいた人達が、このキャップを見るとどう思うでしょうか。
恐らく度肝を抜かすことでしょう
しかし、復刻した私達でさえも現代に通じるモダンなテキスタイルに驚きを隠せませんでした。
これだけ斬新な柄を、普通のキャップに転換するのは少し物足りないと感じツバの短いサイクルキャップとして蘇りました。
商品に対しての付加価値を大事にしている
MAJIKAOでは生地&染めの技法を徹底的に拘り、縫製まで全ての工程を京都にて制作しました
サイズ Free 
生地    綿(葛城)
絵柄    鯛尽くし・群衆・百美人・オリンピック
MAJIKAO WEB SHOP 及び弊社商品取り扱い販売店様でご購入頂けます。

サイクリングキャップ

HAUR BAR  TAPE 

幅4cmにカットした生地を2cmに折り曲げて袋綴じにしました。
そうする事で、通常のコットンバーテープでは薄すぎた点が、太過ぎず薄過ぎない
丁度いい厚さになりクッション性もプラス。
約100年前の羽裏柄をぐっと細く巻くと更にユニークな表情が垣間見れます。
生地はサイクリングキャップと同じ綿素材の生地で、4柄を展開。特に群衆文様はモダンで可愛く
ポップに仕上がりました。約3ヶ月、自身の自転車を外に駐輪し青空駐輪の基、退色・耐水等のテストを
行いましたが、特に問題なく楽しめております。(ご使用状況によって変わります)

サイズ 幅2cm 縦2.9m
生地    綿 100%
絵柄    鯛尽くし・群衆文様・百美人・オリンピック競技文様
※2020年4月8日MAJIKAOショップサイトが完成しました!

vigore

COLLABORATE  and  PR

サイクリングキャップを製作した際に、通常のブツ撮り・PRで終わりではなく面白い打ち出しをしたいと思いました。
しかし大々的なプロモーションを起こすには、それ相応の力が必要です。
何かないかなと思った折に、私の地元の銭湯、京都 玉の湯が思い浮かびました。
私自身、銭湯が好きで慣れ親しんでいたお風呂屋さんだったので、ご無理承知の上マスターに了承を得ました。

男4人が裸で湯船に浸かり、帽子を被る。
面白い撮影企画でした。


2019年 5月 コンズサイクルさん・京都玉の湯さんのご協力の元HAURA CAPの撮影

玉の湯
銭湯
玉の湯
撮影

MAJIKAO OFFICE

京都は木屋町御池上る、喧騒な場所から少し上がった場所にMAJIKAO OFFICEはあります。
長い路地を潜ると見えてくるのは木造で構成された3階建のビル。
MAJIKAOでは3階にて稼働しております。

町家
鴨川
木屋町通り
町家